ニュース

国内女子センチュリー21レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

リオ五輪日本代表の大山志保が再び「首痛」で欠場

2016/07/19 16:11

日本女子プロゴルフ協会は19日、今週開催の国内女子ツアー「センチュリー21レディス」(静岡・伊豆大仁CC、22日開幕)を大山志保上田桃子ら5選手が欠場すると発表した。「首痛」を理由に欠場する大山は、今月11日までの世界ランクで自動選出されたリオデジャネイロ五輪の日本代表。首痛に苦しむ大山は直近9週間でわずかに1試合の出場(国内は出場なし)にとどまっている。

大山の国内ツアー欠場は、エントリーのなかった5月末の「リゾートトラストレディス」からで今大会を入れると8試合連続になる。6月初めの「ヨネックスレディス」開幕直前に首痛を発症して以来、出場がままならず、五輪代表決定のかかった7月上旬の海外メジャー「全米女子オープン」には強行出場したものの予選落ち。五輪代表決定後は「出るからには金メダルを目指したい」と回復をアピールしたが、再び今週も出場を見送ることになった。

大山以外の4人の欠場理由は次の通り。上田(背中痛のため)、キム・ハヌル(体調不良のため)、カン・スーヨン(首痛のため)、リ・エスド(右大腿部痛のため)。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 センチュリー21レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。