ニュース

国内女子リゾートトラスト レディスの最新ゴルフニュースをお届け

パター迷走に終止符?成田美寿々は“イメージ一変”

2016/05/27 18:55


国内女子ツアー「リゾートトラストレディス」が27日、徳島県のグランディ鳴門ゴルフクラブ36で開幕した。ツアー通算7勝の成田美寿々が3連続ボギーの後、7バーディを量産し「68」をマークして、首位と1打差の4アンダー2位タイでスタートした。

出だしの1番から、3連続ボギーの苦しい立ち上がり。2回は3パットだった。4番で、第2打をピンそば1.5mにつけて1つ目のバーディを奪うと、5番で5m、7番で4mを沈めて序盤のミスを一掃。さらに9番(パー5)では残り110ydの第3打を2.5mに寄せて、スコアを赤字に転換させた。

後半は11番で7m強、14番で3mをねじ込むなど、さらに3つのバーディを奪取。3月の「アクサレディス in MIYAZAKI」初日以来の60台をマークした。

今季は前週まで10試合に出場し、予選落ちが5回。特に苦しんでいるのが、グリーン上だ。昨季「1.7875」で8位だった平均パット数は、今季ここまで「1.8562」と45位に低迷している。

「アクサ-」から4試合ほど、父・俊弘さんが使っていたクラシックスタイルのL字パター(マクレガー トミー・アーマーIMG5)を握ってみた。5試合目の「サイバーエージェント」初日に3パットを頻発し、2日目からピン型のパターに戻した。現在はスコッティ・キャメロンのピン型パター(プロトタイプ、35インチ)を使っている。

そんな中、一筋の光明も見えた。L字パターを使ったことで「機械的に打っていた私が、感性を生かしてラインを作るパッティングに変わってきた。曲線的にラインを作ることでボールが転がっていくイメージができる」。ジュニア時代から練習器具で「ガチガチにやってきた」という直線的なライン作りから一変した。

さらにラインの読みをキャディに頼り過ぎ「自分のイメージが出ないまま打っていた」ことを反省。この日は、やや下りのスライスラインと読み切り弧を描くイメージでしっかりと沈めた4番から、自分でライン読みを徹底した。

ショットに関しては「不安がない」と手応えがある。「早めに、負けたら負けたで仕方ないと思える優勝争いをしたい」。パッティングの迷走に終止符を打てるかどうかが、カギを握りそうだ。(徳島県鳴門市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 リゾートトラスト レディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには宮田成華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。