ニュース

国内女子ワールドレディス選手権 サロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

ルーキー三ヶ島かな、粘り7位「隅っこでおとなしくプレーしたい」

2016/05/06 19:01


19歳のルーキーをあなどってはいけないようだ。茨城県にある茨城GC東コースで行われた「ワールドレディスサロンパス杯」2日目。初日に首位発進を決めた三ヶ島かなが、3バーディ、3ボギーの「72」で回って、通算4アンダーの7位タイ。首位と3打差の好位置で、決勝ラウンドへと進出した。

初日「68」で、2日目は「72」。「緊張はなかったけど、違う気持ちで空回りしてしまった」と、この日のラウンドを振り返った。「すごく色々あったゴルフだった。フェアウェイからすごい曲げたり…。耐えるゴルフになりました」と、ちょっぴり悔しそうに振り返った。

<< 下に続く >>

アマチュア時代の1試合(日本女子オープン)を含め、ツアーは今大会で10試合目。トップ10入りはもちろん、優勝争いの経験もないが、メジャーの舞台に臆する気配はみじんもない。

「良くはできていると思うけど、満足はしていないです」。ふんわりとした受け答えの印象はそのままだが、外見からは計り知れない芯の強さがあるようだ。

「人前は苦手です。でも、ゴルフをしていたら大丈夫。ギャラリーがいてくれた方が(気分が)上がるので、楽しく回れます」。そう話す一方で、上位も見える決勝ラウンドは「狙ったらすごく叩きそうだから、無難に隅っこで、おとなしくプレーしたい」と、ふふふと笑う。

まだまだ、その本性はつかみきれない19歳。決勝ラウンドの2日間は、三ヶ島の新たな一面を知る良い機会となりそうだ。(茨城県つくばみらい市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ワールドレディス選手権 サロンパスカップ




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!