ニュース

国内女子ヤマハレディースオープン葛城の最新ゴルフニュースをお届け

変わるためには別れも必要 2勝目へ鈴木愛の決断

2016/04/02 19:16


国内女子ツアー「ヤマハレディースオープン葛城」の3日目。10位から出た鈴木愛が1イーグル4バーディ、3ボギー1ダブルボギーと出入りの激しい内容ながら「71」と1つ伸ばし、通算1アンダーの4位タイに浮上した。

終盤に飛び出した起死回生のイーグルだった。1つ落として迎えた後半16番パー4の2打目。残り162ydのフェアウェイからグリーン手前10mにキャリーし、そのままラインに乗ってカップイン。「左に引っ掛けそうだったので手を放した」と、とっさにグリップから右手を離した機転も奏功し、今季初イーグルに両手を上げて喜んだ。

<< 下に続く >>

新たな変化に挑むシーズンでもある。「今年は1人でやろうと思った」と、昨シーズン終了後に小学5年生当時から師事してきた南秀樹コーチと決別。1人の判断で調整を進めたこのオフは、夏場の疲労対策のため、初の食事制限にも取り組んだという。

「基本的に豚肉と鶏肉、キノコ、野菜、魚しか食べなかった」。炭水化物はできるだけとらず、米を食べるのは1日1回だけ。香川県在住の鈴木にとって、うどんが食べられないことが何よりも「きつかった」という。約2カ月に渡った食事制限の甲斐もあり、約3キロの減量に成功。トレーニングで筋力も増やし、シーズンを万全の状態で乗り切る準備を整えた。

今のところコーチ不在の影響は見られず、ショットは開幕戦から好調をキープ。「久しぶりに優勝のチャンス。優勝できるように頑張りたい」と、最終日のプレーに期待を込めた。(静岡県袋井市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ヤマハレディースオープン葛城




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!