ニュース

国内女子大東建託・いい部屋ネットレディスの最新ゴルフニュースをお届け

気分はプロゴルファー!“未来に輝くアスリート”がトーナメント体験

2015/08/05 16:37

原江里菜の7シーズンぶりの優勝で幕を閉じた国内女子ツアー「大東建託・いい部屋ネットレディス」の最終日、18番グリーンで表彰式や写真撮影が行われている頃、隣の9番グリーンでは、真剣な表情をしたジュニアゴルファーたちが必死の汗を流していた。

今大会では“未来に輝くアスリート”を支援すべく、ジュニアゴルファーを対象に主催したマンデートーナメントを実施。その上位入賞者に与えられた大会最終日にトーナメントコースをハーフラウンドできる、という特典によるものだった。

全組ティオフ後の1番ティから9ホールを体験できるこのラウンドでは、プロツアーと同様にスタートコールが行われ、キャディは選手名の入ったポンチョを着用。キャリングボードとともに電光掲示板に選手紹介写真も掲載されるというこだわりよう。まさに、プロゴルファーを疑似体験できるラウンドとして演出された。

目標とするプロはイ・ボミ(韓国)という青梅市立第二中3年の斉藤妙さんは「すごく緊張しました。この緊張感の中で、アンダーで回ってくるプロはやっぱりすごい」と感嘆。「プロになって、イ・ボミさんと一緒にラウンドしたい」という夢を、より強くしたようだった。

また、境川小6年の長田ひなたさんは「いつもと違う雰囲気で緊張したけど、キャディさんがラインを読んでくれたりして分かりやすかった。将来の夢はプロゴルファーになってまずは1勝することです」と興奮。ジュニアゴルファーたちにとっては、かけがえのない夏の1日となったようだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 大東建託・いい部屋ネットレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。