ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

優勝明けの菊地絵理香 注目度アップに「仕方ない」

2015/04/23 18:32


「優勝疲れというよりも、連戦疲れ・・・」。そんな言葉とは裏腹に、笑顔を絶やさず、終始リラックスムードだった菊地絵理香。国内女子ツアー「フジサンケイレディスクラシック」の開幕を明日に控え、前日23日(木)はプロアマトーナメントに出場して18ホールのコースチェックを行った。

連戦は毎年のように経験しているが、開幕戦から休養なしの7連戦に疲れを感じている理由は、その好調さにあるという。前週の初優勝を含む5試合で上位争いを続けてきたことで、常に“優勝争い”の重圧と緊張の中に身を置いてきたからだ。

<< 下に続く >>

前週の「KKT杯バンテリンレディス」でツアー初優勝を飾ったあと、100件を超える祝福メールが菊地の元に届いたという。「自分自身、優勝したことはもちろん嬉しいけれど、それ以上に、喜んでくれる人が多いことが嬉しかった」と、周囲の反響に目を丸くする。

そんな喧騒にも浮つくことなく、「比較的、気持ちは落ち着いているし、しっかりと周りも見られている」と、自身のモチベーションや心境は優勝前と変わらない。もともと進んで目立つことを好まない性格でもある。メディアへの露出が増えたことに「仕方ないです」と目をつむりながらも、「(反響が大きいのは)今だけ。そんなのすぐに消えちゃいますから」と、笑顔を交えた。

ともあれ、今週は注目選手の1人として難コースに挑む菊地。舞台となる川奈ホテルGC富士コースは、芽が強い高麗グリーンと起伏に富んだフェアウェイが選手の行く手を阻む。「高麗は苦手で、芝目もきつい。傾斜地からのショットが多くて難しい」という菊地は、過去5度の出場(2010年は棄権)で予選落ち2回、最高順位は2012年の39位と苦戦が続いている。

「優勝の翌週だけど、今週の目標は予選通過。通過ができたら自己ベストフィニッシュの20位くらいに入れればいい」。苦手コースで定めた目標は、謙虚なのか、今の調子に見合った設定なのか・・・。今週も再び“ひっそりと”開幕を待つ。(静岡県伊東市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!