ニュース

国内女子Tポイントレディスの最新ゴルフニュースをお届け

昨年覇者の森田「元気いっぱい」 ホステスプロ木戸も意地の勝負へ

「優勝したコースだからイメージはいい」。国内女子ツアー「Tポイントレディス」(佐賀県・若木GC)開幕前日の19日(木)、昨年覇者の森田理香子はアウトコース9ホールをラウンドし「距離が長く、決して楽なコースではないけど、ラウンドしながら(昨年を)思い出す部分もあった」と語った。

賞金女王の肩書きで戦った昨年大会は「ストレスなくできた」とコースの難所をものともせず、2日目に首位に立つと、後続を寄せ付けず、逃げ切り優勝した。

開幕戦を2位で終えるなど調子上々を予感させる今シーズンも、もちろん大会連覇に期待が掛かる。「(開幕から)3戦目でこの先まだ30試合以上ある。徐々に(調子を上げて)いけたらいい」とコメントは控えめだが、「体調はいい、元気いっぱい」と見せた笑顔は気合いの表れか。

大会ホステスプロである木戸愛も、意気込んで今大会に臨む1人だ。「オフのときから、3試合目でスポンサーさんの試合があるということを、きちんとイメージして入ってきた」と、十分な準備を整えた。

前週行われた「PRGRレディス」は2日目のダブルパーで、上位争いから脱落。「ショックは大きかった。でもそこからのゴルフが大事だと思えた。今週からが大事」と、ミスに学んだ教訓は大きいゆえ、気持ちの切り替えは早い。

「技術、メンタル、マネジメントの総合力が求められるコース。しっかりと集中して自分のゴルフがしたい」。意地をかけたタイトル争奪戦がいよいよスタートする。(佐賀県武雄市/糸井順子)

関連リンク

2015年 Tポイントレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストにはミナミ・レボノウィッチプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~