ニュース

国内女子ヨコハマタイヤPRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

選手コメント集/ヨコハマタイヤPRGRレディスカップ2日目

李知姫 6バーディ、3ボギー「69」 通算8アンダー首位

「グリーンの傾斜が強いので、奥は絶対にダメで、手前から攻める作戦を心掛けた。オフにインパクトで身体が先に行かないようショットの練習をして、しっかりボールを押し込んでいけるようになり、風に負けない強いボールを打てるようになった。18ホール最後まで頑張って優勝したい」

鈴木愛 4バーディ、1ボギー「69」 通算5アンダー5位タイ

「(上位と)あまり離れていないし、優勝の可能性も十分あると思う。ショットもパットもここまで良いので、優勝を目指してプレーしたい」

表純子 5バーディ、2ボギー「69」 通算5アンダー5位タイ

「ドライバーは飛んでいる。最終日は頑張りたい。明日、岡本(綾子)さんと一緒に夕ご飯を食べる約束をしているので、いい報告ができればいい」

森田理香子 3バーディ、3ボギー「72」 通算1オーバー42位タイ

「アドレスが立ちづらく、構えがしっくりこなかった。このコースは目標に対して向きにくい感じもあるし、体調面でもそういうのがあるのかな…。考えるほど『アレっ?』となってしまったが、我慢したから最後はご褒美(15、16、17番で3連続バーディ)をもらえたのかなと思う」

勝みなみ(アマ) 2バーディ、3ボギー「73」 通算3オーバー49位タイ

「パターを考え直した方がいいかなと思っている。イップス気味になっているし、まっすぐ打てる気がまったくしない。特に3m以内の短いのがダメ。気分転換にパターを替えてみようと思う」

関連リンク

2015年 ヨコハマタイヤPRGRレディスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストにはミナミ・レボノウィッチプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~