ニュース

国内女子ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

あの森田理香子が今季イーグル獲得数「0」

2014/09/27 18:26

2011年にシーズン最多のイーグル獲得数「11」というツアー記録を打ち立てた森田理香子。賞金女王を獲得した昨季も8個を奪い、ツアー内でも「イーグルといえば森田」というイメージが定着しているが、28戦目に入った今季はここまで1つも奪えていない。

「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」の2日目に、5バーディ、2ボギーで回り首位と4打差の通算3アンダーの6位に浮上した森田は、最終18番(パー5)でスコアを伸ばせず肩を落としてクラブハウスに引き上げてきた。「アプローチがもう少し寄っていれば・・・」。スコアを伸ばしきれなかったのはショートゲームの精度の低さ。9番では3打目のアプローチがピン手前5mで止まってしまい、ボギーをたたいた。

しかし一方で、光明も見えてきた。「ドライバーショットはすごく良くなってきました。スイングが良くなったこともあるのですが、シャフトを換えたら曲がらなくなったので」。藤倉ゴム工業のSpeeder EVOLUTIONを装着。ロングゲームへの自信は深まっており、代名詞と言えるイーグルへの期待も膨らんできた。

会場の利府GCでは507ヤードの8番と492ヤードの18番は、2オンの可能性も高いパー5。「明日はイーグルにトライしたですね。イーグルがないということは、ショットもパットも良くないということ。でも、最近は良くなってきたので、気持ちや精神力もだいぶ良いです」。今季1勝は果たしているが、賞金ランキングで15位。伸び悩む状態を打開するきっかけをつかみたい。(宮城県利府町/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには但馬友プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。