ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

病床の父に朗報を イ・ボミ、37年ぶりの快挙なるか

2014/09/10 18:24

今年で47回目の開催を迎える国内女子メジャー今季第2戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」は、兵庫県の美奈木GCで11日(木)に開幕を迎える。ディフェンディングチャンピオンは、今季3勝を挙げるなど賞金ランキングトップを走るイ・ボミ(韓国)。1976年、77年に樋口久子が達成して以来となる、大会2連覇をかけた一戦に臨む。

前週の休みを挟んで直近6試合でトップ5を外しておらず、夏場に入ってから再びの加速。この日のプロアマラウンド後も「ショットが良い。アイアンショットが良いですね」と話す表情にも、自然と笑顔が混じる。全体的にラフが深く、フェアウェイキープとパーオンが鍵とされる今週のコースセッティング。今季パーオン率2位(72.7197)という数字も、ツアー屈指のショットメーカーへの期待を後押ししている。

「去年、トロフィに私の名前が入って嬉しかった。その下に、もう1つ(自分の名前が)入れられるように頑張りたい」。

当初から欠場を決めていた先週は韓国に戻り、病院で闘病中という父を久しぶりに見舞った。「お父さんは元気じゃないけれど、“心配しないで、女王目指して頑張って”と言われた」と言葉を詰まらせ、みるみるうちに大きな瞳を涙で潤ませた。

今週は、約1,434万円差の2位で追うアン・ソンジュ(韓国)が右手首痛のため欠場。女王レースにおいて、ライバルとの差をさらに開くチャンスでもある。病床の父から改めて受けた鼓舞を胸に、37年ぶりの快挙へと挑む。(兵庫県三木市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!