ニュース

国内女子センチュリー21レディスの最新ゴルフニュースをお届け

ショット復調! 藤本麻子が首位と1打差発進

2014/07/25 18:35


国内女子ツアー「センチュリー21レディスゴルフトーナメント」の初日、藤本麻子が8バーディ、2ボギーで6アンダーをマーク。首位と1打差の2位タイと好スタートを切った。

今季の藤本は、開幕直後こそ2回のトップ10入りをしたが、その後調子を崩し、6月には4試合連続で予選落ちを経験した。しかし、先週の「サマンサタバサレディース」では、初日に9試合ぶりとなる60台のスコアを出した。最終的には通算10アンダーとし、10位となった。

「やっと自分の思っているショットが戻ってきた」。藤本は、この日の8バーディに確かな手応えを感じた。自身も納得のショットは前半の6番で生まれた。「フェアウェイからの残り102ヤードで、アプローチウェッジで打ったらピンの根元に落ちました。OKバーディってやつですね」。5番で3パットしてボギーをたたいた直後だけに、うれしさもひとしおだ。

持ち前のキレのあるアイアンショットがよみがえり、その後もピンを狙ってチャンスを演出。ショットの良さがパッティングにも連鎖し、15番では8メートルのバーディパットを決めた。16番パー5もしっかりバーディを奪い、さらに17番では約20メートルのパットを決めて3連続とした。

最終18番ではこの日2つ目のボギーをたたいて、ホールアウト。お椀をひっくり返したような形状のグリーンでは「ピンが端にある分、傾斜もきつくなり(タッチを合わせるのが)難しかったので、その辺の距離感をしっかり修正したい」。この日はピン位置がエッジから3、4メートルと左右に振られたホールが多く、たたいた2つのボギーはこのピン位置に悩まされた結果といえる。

「明日も3パットはあるかもしれないけど、気持ちを切らさずに最後までやりたい」。ショットの不安が解消された藤本は、パッティングの調整を入念に行い、2週連続でバーディ合戦となった戦いに食らいつく。(静岡県伊豆の国市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 センチュリー21レディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。