ニュース

国内女子ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

4位浮上の三塚優子「これからが本番!」

2013/09/07 19:28


1日を通して雨模様となった「ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント」の2日目。イーブンパーの39位タイからスタートした三塚優子が、7バーディ、1ボギーの「66」をマーク。この日のベストスコアで、首位と1打差の通算6アンダー4位タイまで浮上してきた。

1番でフェアウェイからの2打目をダフってピンチとなるが、残り20ヤードのアプローチをしっかりと寄せてパーセーブ。すると2番パー5は10メートルのバーディパットを沈め、ピン奥3メートルにつけた3番のパー3では、下りのデリケートなラインを読み切ってスコアを伸ばしていった。

「今週はフェアウェイは柔らかいし、ラフの芝も強い。飛距離が出る選手が有利だと思うので、そういう気持ちでやっています」。ツアーでも屈指の飛ばし屋・三塚は持ち前の飛距離をアドバンテージとしてしっかりと活用した。

今週は優勝を狙える位置で最終日を迎えるが、今季はいまだトップ10入りがない。「昨年が怪我でほとんど試合に出られなかったので、今年の前半はリハビリだと思っています。今週をきっかけとして、後半戦になってエンジンをかけたい。来週の女子プロ選手権とかオープンとか、大きな試合にピークを持っていけるように」。

女子ツアーは次週に「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」が開催され、その3週間後には「日本女子オープンゴルフ選手権競技」と2つの公式戦が控えている。ツアー通算4勝を挙げている三塚は、この日のような爆発力が魅力の1つ。来週は「日本女子プロ-」では2年ぶりの制覇を狙うことになるが、まずは目の前の前哨戦で“アクセル全開”の状態を確かめる。(北海道美唄市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。