ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

成田美寿々、真夏の大逆転Vを呼んだハートの熱さ

プレーオフ2ホール目、長いバーディパットを外したリ・エスドに対し、成田美寿々は、ピン上6メートルにつけていた。「下りの速いスライスライン。とりあえず、距離を合わせてパーを獲ろうと思った」というバーディパットは、2カップ分のスライスラインを描いてカップ左から転がり落ちた。「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」最終日、スタート時の6打差を逆転して優勝を決めた成田は、男子顔負けの力強いガッツポーズと爽やかな笑顔で自身の通算2勝目を祝福した。

「正直、追いつくと思っていなかった」という。「10アンダーくらい出さなきゃダメだろうと思っていて。昨日65だったので、とりあえず今日も65を目指していました」と、当初の目標達成にまい進したら、エスドの足踏みにも助けられ、気付いた時には逆転Vだった。

今大会の練習日、成田は仲の良い山村彩恵東浩子とアプローチ練習場でチップイン競争をやっていた。それを見守っていた父・俊弘さんは振り返る。「熱くなる性格なんでね。アイスクリームかなんかを賭けてずっとやっていましたね。それで、だいぶ変わりましたよ」。

7バーディを奪った最終日にも、練習は嘘をつかなかった。スコアカードに表れない好プレーは6番ホール。2打目をグリーン奧のラフにこぼした成田の球は、前方上部は木の枝が掛かって球を上げられず、砲台グリーンのエッジまでは深いラフが密集していた。ラフ、そしてグリーンエッジとクッションを2度使う絶妙の一打で、ピンそば1メートルにぴたりと寄せてパーセーブ。「あれは、絶対寄らないと思いました」と、キャディの佐藤大輔氏も舌を巻いた。

以前は仲間内で“ナリタッチ”と揶揄されていた強気のパッティングも、今年2月に米国サンディエゴでデーブ・ストックトンに「転がっていくイメージを持ちなさい」との教えを受けて開眼。「1勝目の時よりも、メンタルも技術も体力も向上していると思うけど、これっていうのはパッティング」と、自信を深めた。

初優勝時、父に“まぐれ”だと言われたという成田。「悔しかったです。“もう一勝したら本物だよ”と言われたので、早くしたかった」との思いを遂げ、にっこりと微笑んだ。目標とするのは「リオ五輪で金メダル」。3年後の夏、地球の裏側でこの日と同じガッツポーズが見られるだろうか。(長野県北佐久郡/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには山戸未夢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。