ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

選手コメント/日本女子オープンゴルフ選手権 最終日

朴仁妃 4バーディ、2ボギー「70」 通算1オーバー単独2位

「最後の2つのパー5(15番、18番でボギー)が悔やまれますが、そこまでは自分らしいプレーが出来たと思います。(優勝への)意識は無かったです。18番はフォン・シャンシャンが17番でボギーを打ったのを知らなくて(この時点で首位タイ)、バーディを獲らないといけないと思っていました。でも、サードショットのラフが思ったよりも深くてライも深く、ショートしてしまいました。もっとチャンスをものにしたかったし、最後の2つのボギーは悔いが残るけど、それがゴルフだと反省して次に活かしたいです」

■ ヤニ・ツェン 2バーディ、4ボギー、2ダブルボギー、1トリプルボギー「81」、通算18オーバー55位タイ

「最終的には自分のイメージ通りのプレーができなくて残念でしたが、中にはいいショットもありましたし、今回は運が無かった、もしくは不運が続いたといった感じです。仕事上、世界中を行き来することがありますが、やっぱり日本食が世界一ですし、日本が大好きです。これからも多くのファンや友人がいるこの日本に来たいですし、必ずきます」

永峰咲希(プレーオフ3ホール目で勝利しローアマ獲得) 通算17オーバー51位タイ

「今朝は(ローアマを)あまり意識しないようにスタートしたのですが、後半に入ってボギーが増えて意識するようになり、上がったら(篠原真里亜に)並ばれていてプレーオフ」勝った瞬間は実感はあまりなかったけど、もう少しラクに(ローアマを)獲りたかったです。ジュニアから含めて多きなタイトルは高校選手権しかないので、来年は出場する試合全部で優勝を目指していきたいです」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。