ニュース

国内女子マンシングウェアレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

金田久美子、初日の2ペナ分が届かず単独2位

国内女子ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」の初日に、遅延プレーで最終ホールに2打罰を受けた金田久美子が、最終日に4ストローク伸ばす猛追で単独2位となった。優勝した服部真夕との差は2つ、2ペナルティがなかったらプレーオフに持ち込んでいたことになる。

ホールアウト後にクラブハウスに引き返した金田は「悔しいですね」と率直に感想を述べ、初日の2ペナ分が頭をよぎったかと質問されると「よぎらなかったと言えば嘘になるけど、タラレバです・・・」と、その2ペナルティがなかったとしても、結果追いついていたかは分からないと話す。

前半から4つのバーディを積み重ね、10番では2位1打差の単独首位に浮上。そのままスコアを伸ばしていれば優勝できたが、11番、13番、そして14番と3つボギーを叩いてしまったことを悔やむ。最終日の追い上げで2打差まで詰め寄ったことを考えると、初日の2打罰は大きな代償となってしまった。(愛知県知多郡/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 マンシングウェアレディース東海クラシック




特集SPECIAL

「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!