ニュース

国内女子meijiカップの最新ゴルフニュースをお届け

古閑、序盤のミスから奮起「ルーキーじゃあるまいし」

2011/08/06 18:47


「meijiカップ」初日に9バーディ、ノーボギー。トーナメントレコードと自己ベストに並ぶ「63」と大爆発し、9アンダー単独首位に立った古閑美保は、「今日は緊張してましたね。最初はバタバタして落ち着いていなかった」と、平常心を失った状態で2日目のスタートを迎えていた。

スタートホールの1番は7mを沈めてバーディ発進としたものの、2番(パー3)ではティショットが大きくショートし、アプローチも寄せきれずにボギー。さらに3番でもグリーンを外すとアプローチは2mオーバーし、これを外して連続ボギーとする。

だが、これらのミスが古閑の闘争心に火を灯した。「どうしようもないボギーにカチンときた。“ルーキーじゃあるまいし、何やってんだ”と、緊張がほぐれました」。5番で5mを沈めバーディを奪うと、7番(パー3)ではピンそば50センチにつけるスーパーショット。終わって見れば5バーディ、3ボギーの「70」と2ストローク伸ばし、ジャン・ウンビに並ばれたものの、通算11アンダーで首位をキープ。左手首痛により不振が続いていた古閑が、1年4ヶ月ぶりとなる復活優勝に王手をかけた。

「今日はティショットが曲がったし、アプローチも良くなかった」と苦しいラウンドを振り返りながらも、「スコアだけ見れば悪くないし、優勝争いにも残れたのであまり深くは考えていません」と気持ちはフラット。「明日も(全体的にスコアが)出るでしょ。とにかく伸ばすしかないと思っています」と、久々のタイトル獲得に強い意気込みを示した。(北海道北広島市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 meijiカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!