ニュース

国内女子ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

藍、7年ぶりの予選落ちに「この結果をしっかり受け止めます」

2011/03/05 21:10


国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディストーナメント」2日目。宮里藍は、通算5オーバーの63位タイで、国内では2004年の「日本女子オープン」以来7年ぶりの予選落ちを喫し、「自分が1打1打を丁寧にやった結果なので、しっかり受け止めています」と悔しさを滲ませた。

初日、日本ツアーでのプレー進行のスピードに困惑し、スイングリズムを掴めなかったという宮里。2日目はその修正はできたものの、パットを決めきれずスコアに伸び悩みを見せた。フィーリングは悪くなかったと振り返るが、今日は「6回はカップに蹴られた」という不運も重なった。

「どんなにプレッシャーがかかる場面でも力を抜いてアドレスに入るということを、今年1年はやっていかないといけない」と課題を挙げる。終盤に入った6番で左にショットを曲げ、キャディのミックと左手に力が入ったのではないかと分析。その結果、続く7番からのフィーリングは良くなったことを明かした。

「感触としては悪くないですし、ルーティンが早くなるとか、自分にとっての重要なポイントをきちんとメンテナンスしていかないといけないと、今週はすごく感じていて。それが分かっただけでも、次に日本に戻ってきたときには自分のペースでしっかりとできていると思います」と話す。日本での次戦出場が決まっている「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」で宮里の復活が見られるか。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。