ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

「成績に関しては20点か30点」 【有村智恵インタビュー vol.1/国内ツアー前半戦を振り返る】

2010/12/22 11:25


<掲げた目標は“賞金女王”&“海外メジャー制覇”>
2009年シーズンは5勝を挙げ、最終戦まで賞金女王を争う飛躍を遂げた有村智恵。ツアーでもトップクラスの実力と人気を兼ね備えた選手へと成長し、高い期待を背負う中で2010年シーズンを迎えた。自らを鼓舞し、覚悟を固める想いもあったのだろう。新シーズンに向けた目標を「賞金女王と、海外メジャー制覇」という、さらなる高みに設定。つまりは、日本と世界の舞台で頂点に立つことだ。

昨年の「全英リコー女子オープン」で予選落ちを喫した反省から、オフの練習は「基本的なことではなく、プラスアルファを重点的に」と、方向性を1つに絞った。「風が強いと成績が悪いと感じた。いろいろなボールが打てて、アプローチのバリエーションを増やすために練習した」。オフのトレーニングは、1年を戦い抜く身体とフィーリングを磨き上げる大切な時期。成果の如何によっては、シーズンの結果を大きく左右する可能性もはらんでいる。より高いフィールドで戦うことを見据え、有村が決断したオフの方向性。それは、有村の中でシーズン序盤から思わぬ違和感を生むことになった。

<< 下に続く >>

<さらなる高みへの準備が生んだ、思わぬ弊害>
開幕戦の「ダイキンオーキッドレディス」は2位タイと絶好の滑り出し。だが、成績とは裏腹に「納得のできる内容ではなかった」と振り返る。「オフに低いボールやコントロールショットに時間を費やしてきたので、逆に基本的なスイングの調子が良くなかった」。この感覚のズレは、この後も有村の中でくすぶり続けることになる。続く第2戦「ヨコハマタイヤPRGRレディスカップ」では、「ショットは良かったが、パットが噛み合わなかった」と予選落ち。第4戦の「スタジオアリス女子オープン」では優勝を飾ったが、有村の口からは心から喜ぶ声が聞こえてこない。「あの時も、ベストな状態では無かった」。

「去年までの優勝とは違い接戦を制してのものだったので、ゴルフ自体がうまくなった、強くなったとは実感した大会。でも、調子は良くなかったし、ごまかしながらのラウンドだった。上位には日本人選手が私しかいなかったという、モチベーションだけで優勝できたと思う」。早々のシーズン初勝利も、有村の心に安らぎを与えるに至らなかった。5月の国内メジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」では、ショットの精度を乱して予選落ち。「優勝した後も、ショットに関しては自分の持ったイメージと球筋が違うまま、試行錯誤が続いた。この状態を、どう良い風にもっていくか悩みながらのラウンドが続き、それがサロンパスで出てしまったと思う」。

<成績に関しては、20点か30点>
前半戦最後の15試合目「スタンレーレディス」を終えても、プレー全体への微妙なフィーリングのズレは解消されなかった。前半戦の成績は、トップ10入りが8回、優勝は1回のみ。「全てに関して、納得がいく状態ではなかった。全力でやってはいるんだけど、ベストパフォーマンスができない。毎週毎週、噛み合わないと言いながら時間が過ぎただけの時期だった。成績に関しては、20点か30点」。不本意なラウンドが続いた前半戦に対し、極めて厳しい自己評価を下した。その一方で、開幕前に掲げた目標に向けて国内ツアーを欠場することなく、海外メジャー3試合を戦い抜いたことに関しては一定の評価。「賞金女王を目指すと言ったことで1円でも多く稼ぎたいというのがあって、試合を休む判断はできなかった。その中でベストを尽くしてやってきた方向性には、80点ぐらい評価してもいいと思う」。

<ウイダーによる栄養管理サポートが開始>
渡米と帰国を繰り返す多忙なスケジュールを支えた1つの要因に、契約を交わす森永製菓の『ウイダー』ブランドが提唱する、スポーツ栄養理論に基づくサポートプロジェクトへの参加が挙げられるだろう。今年4月より、ウイダーの専門スタッフが栄養管理を全面的にサポート。同月開催の「フジサンケイレディスクラシック」からスタッフが同行し、食事の調理やプレー中の栄養補給のアドバイス等を行っている。「食事面もそうだけど、試合が終わった後にプロテインを飲んだり、身体への負担が少なくなるサポートをしていただいている。スケジュールがハードだったけど、プレーに影響なく過ごすことができたし、すごく助かっています」と、その効果を実感していた。

おすすめ記事通知を受け取る

有村智恵インタビュー

有村智恵 戦いの裏側に迫る!

『国内ツアー前半 ウイダーによる「栄養・トレーニング」サポートが開始!』

国内女子トーナメント第6戦の「フジサンケイレディスクラッシック」よりウイダートレーニングラボ管理栄養士 山崎圭世子さんと有村智恵プロのサポート関係が始まった。

山崎さんに改めて2010年を振り返ってもらった。「最初は全て手探りの状態からのスタートでした。有村プロもどういったサポートがあるのか?不安はあったと思います。」と山崎さんはいう。

山崎さんはまず有村プロの「食事でのストレス」解消から取り組み始めた。遠征が多いプロゴルファーの外食での気遣いを軽減しようと考え、2度、キャンピングカーでの食事作りを試みた。イメージとしては横峯さくらプロのキャンピングカーでの生活・食事だ。

「いざ始めてみるとトラブル続きでした(笑)有村プロの提案で始めたのですが、バッテリーが足りなくなったり…狭い場所での食事だったりと…今、思えば良い経験でした。」

その苦労を経て、コンドミニアムなどでの調理と外食を組み合わせる形に落ち着いた。また夏場を乗り切る為の施策として保冷バッグに「ウイダーinゼリー」やフルーツを入れて、山崎さんはトーナメント会場で有村プロに帯同を始めた。「ウイダーinゼリーはサポート以前から飲用してくれていたのですが、サポート後もキャディバッグにいれておいたら炎天下ではHOTになってしまって…(笑)」と山崎さん。

「当面の課題は食事環境とラウンド中の栄養補給。」手探りの状態から少し何かが見え始めてきた。

(2010年後半戦振り返りに続く…)

有村プロが愛飲するウイダーinゼリー エネルギーイン
すばやいエネルギー補給に(おにぎりおよそ1個分)
マスカット味 180kcal

関連リンク




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!