ニュース

国内女子ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

ウッズ並みの睡眠を 初Vへ植竹希望は「抱き枕」が味方

◇国内女子◇ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 事前(23日)◇利府GC (宮城)◇6591yd(パー72)

「きのう13時間ぐらい寝てスッキリしました。きのう、おとといとしんどかったですが、爆睡しました」

<< 下に続く >>

全国各地を転戦するプロゴルフのツアー生活。23歳の植竹希望にとっても、疲れの解消は上位進出へ大事なポイントだ。

タイガー・ウッズが毎日10時間ぐらい睡眠を取るというのを記事かなんかで見たので、そこから極力10時間近く寝るように頑張っている」

米ツアー歴代1位となる82勝のレジェンドにならえと、手放せないのが7月29日の誕生日にもらった抱き枕だ。寝相も悪く、クイーンサイズのベッドでないと転がり落ちることもあるという。

「L時型の枕で、頭を乗せる部分が寝違えないようにへこんでいる。きれいに頭をはめ込めるようになっている。寝相も少しマシになった。足と頭が反対に起きることもなくなったし、助かっています」と笑顔を見せた。

前日はマッサージを受けて、夕食を終えると午後6時過ぎにはベッドに入り、午前7時まで快眠を貫いた。

前週は、首位に立っていた最終日最終18番でティショットを池に入れて2位。それでも悔し涙で枕を濡らすことなく、きっちりと気持ちを切り替えた。

「最終ホール以外は自分の中で良いゴルフができた。全く同じミスをすることはないが、最終日だけは気をつけたい。出ている試合は全試合勝ちたい」。ツアー初優勝へ期待も高まる。(宮城県利府町/玉木充)

関連リンク

2021年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!