ニュース

国内女子ニトリレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

山下美夢有「楽しむ余裕、ありました」プロ1年目と違う景色に成長実感

2021/08/27 19:14


◇国内女子◇ニトリレディスゴルフトーナメント 2日目(27日)◇小樽CC (北海道)◇6695yd(パー72)

山下美夢有にとって今回の小樽はツアー初勝利を遂げて迎える2度目の舞台。プロ転向後3試合目だった前年大会は、初日「75」、2日目「76」の通算7オーバーで予選落ち。そこから1年経って迎えた今大会は、初日「70」、2日目は4バーディの「68」で回ってトップと4打差の6位で決勝ラウンドに進出した。

<< 下に続く >>

「去年と全然違うなと感じたのはショットの精度」。予選2日間合わせてフェアウェイキープ率50% (14/28)、パーオン率72.2% (26/36)だった前年と比べて、今年のフェアウェイキープ率は78.6% (22/28)。2日目に外したのは1ホールのみだったパーオン率は91.7% (33/36)と、去年との違いが如実にデータとなって表れている。

グリーン手前に大きな木、右側に池がある8番では、左セミラフから残り138ydの2打目を7Iでピン手前50センチにつけてバーディを奪取した。「クラブを1番手上げて、コントロールショットでピン左に」という球は風に乗ってピン右側についたものの、池に落とす不安はなかった。

飛距離も1Wで20ydほど伸びた。「セカンドも2番手違っていて、(見える)景色が全然違う。楽しむ余裕、ありました」と20歳になったばかりの山下はあどけない笑顔を見せた。

残り2日も「この2日間みたいに安定したプレーをして上位を狙えたら」と意気込んだ。「今はゴルフが楽しい。思いっきり楽しんでプレー出来たら」。去年の自分と違う姿に展望は明るい。(北海道小樽市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ニトリレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには桑木志帆プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!