ニュース

国内女子ニッポンハムレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

稲見萌寧 東京五輪での楽しみはデシャンボーのドライバーショット

2021/07/07 16:02


◇国内女子◇ニッポンハムレディスクラシック 事前(7日)◇桂ゴルフ倶楽部(北海道)◇ 6763yd(パー72)

東京五輪の女子ゴルフ競技初日まであと28日。日本代表の稲見萌寧が3試合ぶりの予選通過を目指しつつ、復調を期す。2021年に入って5勝を挙げているが、ショットはここ数試合「調子が良いわけではない」と現状を見つめる。

<< 下に続く >>

気になるのは「(持ち球が)フェードなのに左にいくミスがある」こと。コーチからの助言も受けて調整に余念がない。これまで出ていなかったミスではないというが、「回数とか、度合いが違う。力みからきたりしているのかな」と分析する。

前回19年大会はリランキングが決まったあとの出場で2位の好成績で終えた。当時とは置かれた環境も「調子も違う」が、「取り組んでいることでうまくいっていない部分があるので、優勝とか上位(に入るか)はやってみないと分からないけど、まずは予選を通って、そこからちょっとでも伸ばせていければいいなと思います」と謙虚に前を見据えた。

今大会後は、次週の「GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ」に出場した後、「大東建託・いい部屋ネットレディス」を欠場して東京五輪に備えて練習ラウンドを行う予定。「(会場の霞ヶ関CCは)回ったことはあるけど、コースが改造されてからはたぶん回ってない。24日、25日に行って回ろうかな。とりあえず回ってみようという感じです」

稲見が五輪で「楽しみ」と期待しているのが外国人選手に会えること。「(ブライソン・)デシャンボーのドライバー(ショット)を見たい。どのくらいの音が出るのかなとか気になります」と話した。(北海道苫小牧市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ニッポンハムレディスクラシック




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには桑木志帆プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!