ニュース

国内女子資生堂レディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

今週は“実家通勤” 原英莉花が2021年の折り返しで掲げるテーマは

2021/07/01 06:12


◇国内女子◇資生堂レディスオープン 事前(30日)◇戸塚CC(神奈川県)◇6570yd(パー72)

横浜市出身とあって、2019年の第1回大会では原英莉花のもとにはいつも以上のファンが応援に駆けつけた。それが今大会は無観客。「応援してくださっている方々を思いながら、くじけずに頑張りたい」と静寂の試合会場で思いを明かした。

<< 下に続く >>

今週はホテルではなく「自宅」から通う。「(日課として)帰ってからよく歩くんですけど、今週は歩く道が地元。少しリラックスできるかなというのはあります」。3月の初戦から1週たりとも“お休み”がない女子ツアー。馴染みある風景に癒されることもある。

前週大会では2日目まで6位タイと上位争いを演じていたが、3日目に「76」と大たたきした。4月の海外メジャー「ANAインスピレーション」以降に再発したぎっくり腰の影響も長引いており、「体をボロボロにして頑張っているのに結果に繋がらない」と嘆き節が口をついて出ることもあった。

「日によってという感じ」と油断できない腰の状態。入念なセルフケアをしつつ、調子を見守る状態は変わらないが、「地元大会なので、連絡すれば治療を受けさせてもらえるので、心強い」。不測の事態にも地の利がある。

2021年も残すところ6カ月。昨年はメジャー2勝を挙げたが、今年に入ってからまだ優勝がない。「まずは1勝したいと思っている。結果だけで言えば優勝だけど、自分をよく知るシーズンにしたいと思っている。いろんな意味で」。ネガティブな感情にとらわれて大きく崩れた前週の反省もある。「一喜一憂せず、過信せず、落ち込まず。常に一定のリズムでゴルフすることを意識してやっていきたい」と語った。(横浜市旭区/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 資生堂レディスオープン




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!