ニュース

国内女子ニチレイレディスの最新ゴルフニュースをお届け

吉田優利 勝負どころでダボも5戦ぶりトップ5

2021/06/20 18:35


◇国内女子◇ニチレイレディス 最終日(20日)◇袖ヶ浦CC新袖C(千葉)◇6550yd(パー72)

ツアー初優勝を目指す吉田優利は6バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「70」でプレー。トップと3打差の通算7アンダー5位で終えた。

<< 下に続く >>

「午後はショットも安定していた。パターのライン取りが良くなってきたのが、バーディにつながった」

3打差6位から出て前半をイーブンで折り返すと、15番までに4つのバーディを奪って勢いづいた。首位と1打差で迎えた16番(パー4)ではフェアウェイからの2打目を「普通には狙えなかった。わりと勝負に出た。右からフックで回そうと思っていたが、抜けてしまった」と目の前の木に当ててしまい、4オン2パットのダブルボギー。17番(パー3)もグリーンを外してボギーをたたいた。

それでも最終18番(パー5)では209ydからハイブリッドの3番で4mにつけて2パットのバーディ締め。5月「ほけんの窓口レディース」(3位)以来、5戦ぶりのトップ5に入った。

「チャンスがきたら狙いにいく回数を増やしていきたい。そうすればいつかちゃんと勝てる日が来るのかなと思っています」。勝負どころでのチャレンジは失敗に終わったが、手応えはある。

次戦も地元・千葉で行われる「アース・モンダミンカップ」(カメリアヒルズCC)。過去最高の賞金総額3億円(優勝賞金5400万円)の大会で「しっかりとフェアウェイ、グリーンとらえてシンプルにゴルフをしていきたい」と一歩ずつ優勝に近づくつもりだ。(千葉市若葉区/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ニチレイレディス




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには西畑萌香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!