ニュース

国内女子ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン(中止)の最新ゴルフニュースをお届け

勝負の数年へ 柏原明日架「27歳ぐらいがピーク」

2020/09/23 13:46


柏原明日架が23日、「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」の前年大会優勝者としてリモート会見に臨んだ。プロ6年目にしてつかんだ念願の初優勝。「思ったより時間がかかってしまった。優勝争いをする回数も少なくて、私って戦えないのかなと思った時期もあった」とプロの洗礼を味わった期間を思い返した。

何かがはじける予兆はあった。これまでミスショットをすれば「どうしてできないんだろう」と怒りがこみ上げ、感情の起伏を見せていた。だが、その前週にあった「デサントレディース東海クラシック」で「このミスを楽しみながらどう処理しように自然と変わって、それがすぐに結果に繋がった」と精神面の重要性を実感した。

<< 下に続く >>

「もっと早くに勝てると思っていました。正直、25、26歳でメジャー勝ちたいと思っていたし、賞金女王にもなりたいなとも思っていた」。現在24歳を迎え「27ぐらいがピークだと思っている。ここ1、2年が勝負」と冷静に分析する。

今年の「日本女子プロゴルフ選手権」では同級生の永峰咲希が国内メジャー初優勝を飾った。同期での祝勝会もすぐに行われ、「咲希ちゃんの優勝は大きかった。刺激を受けた。この世代で何人残れるだろう。頑張ろうねと話した」と鼓舞し合った。

また、98年度生まれの選手が「黄金世代」と呼ばれていることもあり、祝勝会で 自分たちの“○○世代”を考えたそう。「全く出てこなかった(笑)私たちではそんないい名前つけられない。中間と中堅しか」と笑って明かし「中間世代が応援していただけるように頑張っていきたい」と活躍を誓った。(編集部・石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン(中止)




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!