ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

単独首位の西村優菜「最後、笑顔で終われるように」

2020/09/12 19:11


◇国内女子メジャー第1戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 3日目(12日)◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県)◇6640yd(パー72)

プロ5戦目の西村優菜が、「67」で3日目を終えて通算11アンダーの単独首位に浮上した。昨年、当地でプロテストを受験した“プラチナ世代”。「ショートアイアンの調子がすごくいい」と自らの武器を生かし、7バーディ(2ボギー)を量産した。

<< 下に続く >>

身長150㎝と小柄だが、「正直、飛距離ではハンデがあるかなと思うけど、ゴルフは飛距離以外でもカバーできる。ゴルフ全体ではハンデだと思っていません」と胸を張った。

「100ヤードくらいが得意です。パー5で(2打で)乗らなくても、バーディチャンスをつくっていける」と自身の強みを分析する。この日は、2番(パー5)の3打目を58度のウェッジで1mへ、15番は9Iで20㎝にぴたりとつけてバーディとした。

今季は開幕から2戦連続予選落ち。1Wショットが暴れていたが、「徐々に良くなって、だいぶ(手応えは)戻ってきた」と修正に成功した。パッティングも「ずっと目線を合わせる練習をしてきた」という成果がきのうの後半から現れて、「思ったところに打てている」と微笑んだ。

「もちろん優勝したい気持ちはあるけど、私はそれよりトップ10の回数を意識してやっています」と目指すのは常に安定した強さだ。憧れの選手には「ショット力もそうだし、リカバリーが素晴らしい」と申ジエの名前を挙げる。「堅くプレーすることもできるし、チャンスは逃さない。私もそういうプレースタイルでできたらいい」と、元世界ランク1位に自身を重ねる。

「自分のプレーに集中して、笑顔で終われるように頑張りたい」と、勝負の日曜日を見据えた。(岡山県笠岡市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!