ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

背中痛で7割の力 ルーキー西郷真央が2戦連続V争い

2020/08/15 18:20


◇国内女子◇NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2日目(15日)◇軽井沢72ゴルフ北コース(長野県)◇6710yd(パー72)

18歳の西郷真央が4バーディ、ノーボギーの「68」でプレーし、通算8アンダーで首位に立った。「ティショットに関しては少し不安があったが、アイアンは徐々に良くなっていった。そこは自信をもって臨むことができた」と振り返った。

<< 下に続く >>

前半は2つのパー5をしっかりものにした。パー3の8番(175yd)は5Uで奥4mのフックラインにつけてバーディを奪った。「好調の要因はパッティング」。2日連続でパット数は「28」と安定している。

7月に痛めた背中の状態について、「きょうはほとんど痛みがなかった。無理に(クラブを)振ったりはしていない。7割ぐらいの力」。飛距離にして15ydは落ちているという。

緊張しないタイプと自認する。師匠の“ジャンボ”尾崎将司の前では「たまにティショットを打つときに後ろで見てくださっているときがあって、そういうときは緊張しないが、気を引き締めてやっている」と苦笑い。

昨年のプロテストに合格したルーキーながら、開幕戦の6月「アース・モンダミンカップ」に続く最終日最終組。初優勝への期待も大きいが「後半のショットの感覚がすごく良かったので、その感覚でプレーできたらチャンスもある。自分らしいプレーができるように頑張りたい」と、気合を入れ直した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!