ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

上田桃子は救急車で病院へ!全英女子帰国組の様子

明日(10日)から開幕する国内女子ツアー第21戦「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」のプロアマ戦が、この日会場となる長野県北佐久郡軽井沢町の軽井沢72ゴルフ北コースで行われた。

明治チョコレートカップ、スタンレーレディス、クラシエフィランソロピーと国内ツアーを戦い、さらにフランスでエビアンマスターズ、イギリスで全英リコー女子オープンと連戦を続けてきた上田桃子。休みなしでこの日のプロアマ戦にも臨んだが、6番ホールからスタートして迎えた12番ホールで遂に体が悲鳴を上げた。

<< 下に続く >>

目に涙を浮かべながら12番ティに向かってきた上田は、腹部を押さえながらティ後方の木陰に座り込んで周囲がびっくりする位の大きなうめき声と泣き声を出し始めた。関係者らが横に寝かせて介抱していると、すぐにトーナメント関係の医者が現場に到着。その後5~6分してコース内まで救急車が入り上田を乗せてコース近くの病院に搬送した。

診察した医師から、「脱水、過換気症候群」と診断された上田。現時点では、明日の本戦には出場予定というが、その体調は大いに心配される。避暑地の軽井沢とはいえ、この日は朝から強い日差しが照りつけて気温も30度近くまで上昇。先週の日曜日まで寒いスコットランドに居た全英女子出場組にとっては、時差と気温の変化があいまって、体力的には厳しいコンディションとなりそうだ。

<その他の全英出場組のコメント>

佐伯三貴/疲れはあまりないけど、ちょっと時差ぼけですね。(全英7位を振り返って)順位は凄いって言って貰えるけど、私は3日目にスコアを崩したのがすごく悔しかったです。今年の目標は3勝なので、あと2勝出来たらと思います。

大山志保/帰国は日曜夜で、コースは月曜の夜入りです。時差ぼけがまだ取れないですね。昨日は1時に目が覚めたりで…。(全英を振り返って)一番学んだのはメンタルですね。ミスを引きずってしまいました。あと、ゴルフはパットから始まるんだなと改めて思いました。(ディフェンディングチャンピオンですが)あまり意識はないですけど、軽井沢は好きですし、また優勝したいです!

ポーラ・クリーマー/日本には火曜日の朝に着いて、昨日(水曜日)練習ラウンドをしました。(このコースで勝つには)バーディを多くとって、スコアを早いうちから出してミスをしないことです。日曜日にヘリで東京へ行って、カナディアンオープンに向かう予定です。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!