ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が描く挑戦の足跡

「来年も日本ツアーに出たい」 3位で今シーズンの幕を閉じる

2008/11/23 18:50


今週の「大王製紙エリエールレディスオープン」を制せば、次週開催の最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」出場権を手にできる宮里藍。首位とは3打差、逆転勝利を目指して1番ティからスタートした。「フィーリングが凄く良かったし、出だしが肝心だと思っていた」という宮里は、スタートホールでピン左4.5メートルを沈めてバーディ発進。「全体的にショットの距離感が良かった」と、その後もバーディチャンスにつける宮里は、5番パー5では4メートルを沈め、8番パー3ではピン直撃のスーパーショットを見せるなどバーディを重ねる。

後半も1ストローク伸ばし、この日5バーディ、1ボギーの「68」。通算6アンダーまで伸ばしたが、首位を走る横峯さくらの勢いには及ばず、最終的には単独3位でホールアウト。最終戦への出場権を得ることは叶わず、宮里の今シーズンは幕を閉じた。

「先週同様、最終ラウンドで4つ伸ばせたのは良かったです。今日は自分のゴルフに徹したプレーが出来たし、ドライバーは振れていて、アイアンの距離感も良かった。パットもイメージが出ていました。(先週、今週と)急遽2試合出ましたが、良い調子のまま出場できて良かったです」と、今シーズンのラスト2試合を振り返った宮里。「『全英リコー女子オープン』からやっと安定感も出てきて自信も戻ったし、来年に向けて小技とパットを調整して、初戦から頑張りたいです」と、来季につながる良い締め括りとなった。

今季は日本ツアーに5試合出場し、トップ3入りが3回。「日本は凄く自分の感覚を取り戻しやすいので、時期によりますが、タイミングが合えば日本でも出たいです。今から(米国ツアーの)スケジュールを見て決めようと思います」と宮里。来年もアメリカだけではなく、日本でも躍動する宮里の姿が見られそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには山戸未夢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。