ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

“空振り”ダブルボギーも畑岡奈紗は記録的メジャー3勝目へ

2019/09/14 19:41


◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 3日目(14日)◇チェリーヒルズGC(兵庫)◇6425yd(パー72)

世界ランキング9位の畑岡奈紗が記録的な国内メジャー3勝目へ向け単独首位を守った。「67」で回り、通算13アンダー。2位に2打差をつけて最終日に臨む。

独走態勢となった終盤に、思わぬ落とし穴があった。50cmに絡めた14番で7つ目のバーディを奪い、15アンダーまで伸ばした。一時は2位に5打差をつけて「良い流れでは出来ていたと思う」。悔やんだのが唯一スコアを落とした16番のダブルボギーだ。

122ydの第2打をPWで引っ掛け、グリーン奥のラフへ。ボールは最長30cmに設定された深い芝の上に浮いた状態で、「ロブ(ショット)気味に上げて打とうと思ったけど、想定よりも浮いていた」と58度のウェッジが球の下を通過し、痛恨の“空振り”を喫した。続く4打目は逆に「ボールが沈むという感じ」で5.5mオーバーさせ、2パットを要した。

「15アンダーまでいっていたのでね」と苦笑いを浮かべたが、パーオン率は89%(16/18)。ただ一人3日間60台を並べ、「昨日よりもティショットが安定していたし、アイアンも距離感があっているところは多かった」と内容には好感触を示した。

国内メジャー3勝目の最年少記録が懸かる今大会は、2位以内の条件で日本人最速17試合目での国内ツアー生涯獲得賞金額1億円突破となる。宮里藍さんの27試合を大幅に更新するが、「んー、今はあんまりお金のことは考えてないですけどね」と笑みを浮かべ、「あすも7アンダーを目指すだけかなと思います」と目標設定した20アンダーに視線を向けた。

今季最大の目標に掲げた海外メジャーでは挫折を味わった。「メジャーで勝ちたいとか、世界ランクを上げたいとか(プレー中に)少し考えることがあった。そんなに考えずいつも通りにやろうと思った。良いことも、悪いこともリセットできた」。吹っ切れた20歳が、集中力を高めた。(兵庫県三木市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。