ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼は44位後退 日本シリーズ出場危うく

2018/11/24 17:37


◇国内男子◇カシオワールドオープンゴルフトーナメント 3日目(24日)◇Kochi黒潮カントリークラブ(高知)◇7315yd(パー72)

28位タイから出た石川遼は「72」とスコアを伸ばせず通算1アンダーのまま44位タイに後退した。出だし1番でバーディ発進を決めながら、6番で第2打をダフらせて池に入れてダブルボギーを喫するなど安定感を欠いた。最終日は次週の最終戦「日本シリーズJTカップ」(東京よみうりカントリークラブ)出場権をかけた戦いになる。

<< 下に続く >>

予選ラウンドの強風がウソのように、この日は穏やかなコンディション。「さすがにやりやすかった。きょうは悪いスイングはほとんどなかった」というだけに、上位進出ができなかったことが悔しい。最終18番(パー5)では残り250ydから3Iでピン奥1.5mにつけたが、イーグルチャンスを決めきれなかった。

2015年に優勝した「日本シリーズ」は年間のエリート選手が参戦。前年覇者(宮里優作)、今季の日本ツアー優勝者、欧米ツアー優勝者(小平智)、今大会終了時の賞金ランキング上位20位などの資格がある。出場枠の30人に満たない場合は賞金ランク上位者から補充する。

石川は出場圏内で今大会を迎えたが、3日目までの成績を反映させた仮の賞金ランキング(最終日を戦う全選手が同じスコアだった場合)では28位。後続選手に抜かれるため出場権がない状態となり、最終日に巻き返しが必要になる。

「きのう終わった後の練習場で修正できたと思った(状態)よりも、きょうの後半の方が良かった。その繰り返しでもっと良くしていけるはず」。2018年のツアー最後のラウンドは高知か、東京か。すべては残り18ホールにかかっている。(高知県芸西村/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!