ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

世界ランクポイントは米ツアー超え 今平周吾が見据えるオーガスタ

2018/11/17 18:43


◇国内男子◇ダンロップフェニックストーナメント 3日目(17日)◇フェニックスカントリークラブ(宮崎)◇7027yd(パー71)

毎週各国で行われているプロゴルフトーナメントに配分される世界ランキングポイントは、ツアーや大会の“格”に加え、出場選手の最新ランクによって決まる。世界ランク1位のブルックス・ケプカ、同23位の松山英樹がフィールドに入った今年の「ダンロップフェニックス」は優勝者に今季の国内ツアー最高となる30ptを付与。同週開催の米ツアー「RSMクラシック」の24ptを上回る。

世界ランク62位につける今平周吾は、だからこそ今大会を「一番大事な試合」と位置付け、3日目まで意気込み通りのプレーを展開している。ムービングデーに「65」をマークして通算10アンダー2位タイ。最終18番(パー5)で第3打をピンそば1mにつけて6つ目のバーディを奪い、最終日最終組に割り込んだ。

優勝した10月の「ブリヂストンオープン」以降の直近4試合で、トップ5入りが3回。現在は「不安なクラブ?ないですね。体の調子が良ければいつも通りできるのかなと」と充実感がある。

賞金ランクでは2位のショーン・ノリス(南アフリカ)に約2432万円差をつけており、優勝すれば次週にも初の賞金王が決まる。世界ランクは45位以内に浮上する可能性があり、来年の「マスターズ」(ジョージア州・オーガスタナショナルGC)出場権獲得となる年末の50位以内入りへ大きく前進する。

「最終日にチャンスのある位置で終えることができた。目標通りです。いつも通りやりたい」とマイペースを貫くつもりだ。(宮崎県宮崎市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。