ニュース

国内男子日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hillsの最新ゴルフニュースをお届け

自宅通勤の星野陸也 鬼門は上がり2ホール

2018/06/02 17:39


◇国内男子◇日本ツアー選手権森ビル杯 3日目(2日)◇宍戸ヒルズカントリークラブ(茨城県)◇7384yd(パー71)

地元・茨城県笠間市の期待を一身に背負った星野陸也は一時、上位に迫る通算8アンダーまでスコアを伸ばしながら、17番でダブルボギーをたたいて一歩後退した。通算6アンダーで首位と6打差の8位で最終日を迎える。

「会心のシャンクでした」と頭をかいた。宍戸名物の17番でティショットは左サイドのファーストカット。グリーンエッジまで190ydで風はフォローだったが、ライは左足下がり。7Iでフルショットをしたが「起き上がってしまってシャンクした」と、球は右に飛び出て池の中へと消えていった。

初日も16番までに6アンダーと伸ばしながら、上り2ホールで連続ボギー。この日も同ホールまでに6つ伸ばしたが、ダブルボギーでスコアを落とし「初日と一緒だ」と反省した。

自宅はコースから車で10分。「いつもの練習場のおじさんとかも来てくれていた」と地元の熱い声援を受けながらラウンドした。「去年は調子が悪くて『おい、頑張れ!下向くな!』とか言われていたけど、今年は静かです」と、ここまではちょっぴり成長した姿を見せられている。

笠間市の良いところを聞いてみると、しばらく考えて「うーん、静かなところ。のどか。落ち着く」と第一声。「干し芋とか、食べ物もおいしいです」というものの、自宅で母親が作ってくれる手料理は育ちざかりの22歳にはちょっぴり物足りなく、「黒豆とかサラダとか、健康食品みたい。痩せるんじゃないかって思う!」と肉好きの胃袋は飢えている。

それでも、「心が穏やかになる」という地元効果はゴルフにも好影響を与えているようで、この日の6番(パー5)では、5Wで放った2打目がカップをなめて30センチ。アルバトロス寸前のOKイーグルとした。

「あすこそは6アンダー」と胸を張る。ツアー自己最高位の6位フィニッシュも、そろそろ更新したいところだ。(茨城県笠間市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hills

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!