ニュース

国内男子~全英への道~ミズノオープン at ザ・ロイヤルGCの最新ゴルフニュースをお届け

優勝スコアは予測困難 8000yd超のコースを選手はどう受け止めたか?

2018/05/23 19:37

◇国内男子◇~全英への道~ミズノオープン 事前情報(23日)◇ザ・ロイヤル ゴルフクラブ(茨城県)◇8007yd(パー72)

ツアー史上最長となる8000yd超の総距離が話題の今大会。実際にプレーする選手たちはいったいどう感じているのだろうか?

今季の平均飛距離261.47yd(全体118位)の50歳・谷口徹は、「そりゃ長いでしょう。グリーンも硬いし、ピンから逃げていく形状なので寄らないし…。優勝スコアも、カットラインすら見当がつかない」とぼやき口調だ。

谷口の場合、予選ラウンドで同組となったのが、ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)、星野陸也という飛ばし屋2人で、「長いだけで僕にとっては理不尽だし、ペアリングも悪い。トリプルパンチですよ」と、テンションは低いまま。唯一の明るい(?)ニュースは、今週土曜日が次女・桃子ちゃんの運動会で、出発前に「『頑張って予選落ちしてきてね!』って、応援されているのかどうか分からない言葉をもらった」こと。「ひたすら頑張りますけど、予選落ちしてもポジティブに考えます」と、ベテランは精神的な保険には加入済みだ。

大会ホストプロの手嶋多一は、「8000ydを超えてくると、ショートホールが厳しくなる」と警戒する。「3Wで届かない場合、ティショットで刻まなければいけないかも」と、グリーン手前に池のある17番(パー3)では、パー3ながらレイアップする可能性もあるという。それでも、「フェアウェイ周りのラフは深いし、グリーンも起伏があって難しい。距離はあるけど、飛ぶだけじゃダメ」と、精度やマネジメントの重要さも指摘する。

同意見なのが、昨年このコースで行われた下部ツアーに出場したこともある小鯛竜也だ。「距離は長いけど、フェアウェイは硬いので、(2打目は)意外に短いアイアンで打てたりする。飛距離よりもいかにフェアウェイキープするかが大事」。傾斜があって硬いフェアウェイは、球の落ちどころによってはラフへと転がってしまうため、ティショットからピンポイントで狙っていくことが大切だという。

前週優勝の時松隆光は、「グリーンの段が極端なので、載せないでアプローチをした方がいいところもある」というものの、「こういう(長い)コースも増えてくると思うので」と、すべてを受け入れる気持ちの割り切りも求められそうだ。(茨城県鉾田市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ~全英への道~ミズノオープン at ザ・ロイヤルGC

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。