ニュース

国内男子関西オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

大先輩から「負けたら丸刈りな」 時松隆光のプレッシャー

2018/05/20 18:31


◇国内男子◇関西オープンゴルフ選手権競技 最終日(20日)◇小野東洋ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇7124yd(パー72)

終盤に一時は3人が首位に並ぶ混戦を制したのは、2位からスタートした時松隆光。序盤にアマチュアの久保田皓也(東北福祉大3年)に3打差をつけられたが、1打差に詰め寄ってサンデーバックナインへ。後半15番のバーディで単独首位に立ち、そのままゴールテープを切った。

最終組で20歳の久保田を1打差で追う展開。スタート前のパッティング練習場では、前週の「日本プロ」で優勝した谷口徹から厳しい条件が下された。「久保田くんに負けたら丸刈りな」。大先輩からの言葉を聞き流すわけにもいかず、「まあまあ焦ってスタートした」という。

そんな心中をよそに、久保田は最初の1番から2連続バーディ発進。序盤でリードを3打に広げられ、時松は「やっべーな、コレって」と苦笑して振り返る。同じ最終組を回った今平周吾にも同じ条件が課されていたようで、「どっちも負けたら、先輩(今平)を見てからにしようと思っていた」と明かし、会見場を笑いで包んだ。

後半に2つのダブルボギーを叩いて失速した久保田に対し、持ち味の安定したプレーを生かし切った。「僕はガンガン行くほうではなく、パーを積み重ねるスタイル。マイペースでやろうと思っていた」。首位タイで迎えた15番(パー5)では、90ydからの3打目をSWでグリーン奥からバックスピンで戻し、ピン右奥1.5mにピタリ。波が少なく、勝負どころを逃さない3バーディ、2ボギー「71」のプレーに、プロの強さが凝縮されていた。

丸坊主を回避して、36ホールに短縮された2017年「ブリヂストンオープン」に続くツアー通算3勝目を達成。「“2勝目は実力”と言われるけど運だったので、72ホールでの優勝は自信につながる」と胸を張った。終盤まで続く混戦を勝ち抜いた1勝は、24歳にとって大きな財産になる。(兵庫県小野市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 関西オープンゴルフ選手権競技

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。