ニュース

国内男子SMBCシンガポールオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 SMBCシンガポールオープン
期間:01/18〜01/21 セントーサゴルフクラブ(シンガポール)

大移動のハワイ組 小平智は北京、宮里優作は成田から

◇国内男子&アジアンツアー◇SMBCシンガポールオープン 事前情報(17日)◇セントーサゴルフクラブ (シンガポール)◇7398yd(パー71)

前週の米ツアー「ソニーオープンinハワイ」に出場した日本勢5人は、いずれもシンガポールでの日本ツアー開幕戦に出場する。最高位の18位で終えた片岡大育をはじめとした選手は長距離移動を強いられ、試合の直前に会場入り。17日(水)のプロアマ戦に出場し、急ピッチでコースをチェックした。

「ソニーオープン」で予選落ちした小平智宮里優作は週末もハワイに残り、ラウンド調整やトレーニングに時間を割いた。

小平は14日(日)の夜にホノルルを出発した。中国・北京を経由し、シンガポールに入ったのは16日(火)の午後。「ハワイより暑い感じがしますね。湿気があるんで」と東南アジアの気候に大汗を流しながら、精力的に打ち込んだ。「ドライバーショットがダメで…。スプーン(3W)までは良い流れなんですけど」と、最も得意とするクラブがしっくりこない。前年は6位に入った大会だが、今週はティショットで3Wを中心に使うマネジメントを考えているという。

宮里は15日(月)の午前中に成田着の飛行機に乗り込み、今平周吾と同じ便で16日(火)の深夜に到着。この日の午前7時半にティオフしたプロアマ戦は「2時間しか寝ていない…」という体で臨んだ。

疲れた肉体に鞭を打てるのは「このコースは大好き。なかなか日本にはない」という舞台に対して、ゴルフのモチベーションが高まるからにほかならない。セントーサ島を囲む海を有効活用した18ホールは、選手にティショットからプレッシャーをかける。「こういうコースでやっていると“ロケーション負け”はしなくなっていく。風が吹けば違うコースになるし、世界ランカーも苦労する。その中でも(前年は)日本でやっているプラヤド・マークセンが勝った。チャンスは僕らにもあるはず」と、意識を高く保っている。(シンガポール・セントーサ/桂川洋一)

関連リンク

2018年 SMBCシンガポールオープン




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~