ニュース

国内男子トップ杯東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

ルーキー星野陸也 チップインバーディ2発に「神ってました」

2017/09/29 18:35


◇国内男子◇トップ杯東海クラシック 2日目(29日)◇三好カントリー倶楽部 西コース(愛知)◇7325yd(パー72)

あどけなさの残る21歳が放つ“神ショット”がギャラリーを魅了した。10位スタートの星野陸也が6バーディ、3ボギーの「69」。通算6アンダーで首位から3打差の7位に浮上した。

<< 下に続く >>

「ミドルパットが入ってくれて、調子が悪い中でもいいゴルフができたと思います。ティショットが悪いなりにミスをしないようになりました」。見せ場はグリーン上だけではない。最終18番、ピンまで12ydを残した上りフックラインのアプローチ。52度のウェッジで「狙い通りに打てました」というチップインバーディで締めくくった。

さらに、「神ってました」と振り返るのが16番(パー3)。縦長グリーンの左サイドにある崖下からSWでチップインバーディとし、「ピンの頭だけ見える状態だったが、ジャストタッチで完璧だったと思う」と笑顔をみせた。

先輩からのアドバイスが効いた。火曜日の練習ラウンドをともにした片山晋呉から、「16番は崖に落とすから『練習しとけよ』」とのアドバイスを受けたという。それを真剣に受け止めた若手のホープは何度も崖下からのアプローチを繰り返し、感覚をつかんだ。

そんな星野の潜在能力について、通算31勝の片山晋呉も舌を巻く。「ゴルフに興味があって素直に吸収するし、人柄もいい。ああいう奴がもっと出てこないと。アメリカPGAツアーでは普通でしょ。あれぐらいの21歳はたくさんいる。でも、俺の21歳のときの5倍ぐらいうまい」。

2016年夏にプロ転向し、ルーキーイヤーの今季は16試合に出場して3度のトップ10。「ツアーの雰囲気は慣れました。このくらいのスコアだと、この位置とかわかってきた。目標はまずは1勝。早く勝ちたい」。昨年大会は74位で予選落ちしているだけに、初優勝で成長を証明したい。(愛知県みよし市/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 トップ杯東海クラシック

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!