ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

公園筋トレで飛距離アップ 松山英樹が後輩・竹安俊也に授けたアドバイス

◇国内男子◇ANAオープンゴルフトーナメント 初日(14日)◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース (北海道)◇7063 yd(パー72)

ツアー未勝利の竹安俊也が1イーグル5バーディ、2ボギーの「68」とし、首位と3打差の4アンダー3位タイでホールアウト。最終9番(パー5)で10mのイーグルパットをねじ込み、早朝のトップスタートからさっそうと上位発進を決めた。

東北福祉大出身の24歳で、米国ツアーで活躍する松山英樹の1学年後輩にあたる。今年6月には帰国中の松山と食事をともにする機会があり、筋力トレーニングの重要性を説かれた。もともと「太りにくいタイプ」という細身の体。在学当時、早朝から筋トレに励み強じんな肉体を作り上げてきた松山の言葉はズシリと響き、さっそく筋力アップに向けて始動したという。

「ジムに行くのは面倒だし、器具を使うつもりもなかった」と、トレーニングの場所に選んだのは近隣の公園だ。ツアーがないときは、兵庫県の自宅近くにある広い公園で1時間ほどかけて、ベンチの上で行う腹筋や背筋、腕立て伏せなどの自重トレーニングとランニングが日課になった。ツアー期間中は、ホテル周辺の公園を探して行っている。周囲の人目も「あまり気にしないようにしている」と、黙々とトレーニングに集中。3カ月前と比較して、体重は3kgほどアップしたという。

費用もかからずお手軽な公園トレーニングだが、「飛距離は10ydくらい伸びたし、ラフからもしっかり振れるようになった」と成果は着実に現れている。華やかなツアープロの世界からはイメージしにくい地道な努力を、プロ4年目の開花につなげるか。(北海道北広島市/塚田達也)

関連リンク

2017年 ANAオープンゴルフトーナメント

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~