ニュース

国内男子ネスレマッチプレーレクサス杯の最新ゴルフニュースをお届け

12時を回ったシンデレラ?時松隆光はタイトル防衛へ弱気

2017/08/16 17:10


◇国内男子(ツアー外競技)◇ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯 事前情報(16日)◇恵庭CC(北海道) ◇6903yd(パー72)

国内ゴルフでは破格の優勝賞金1億円を争うマッチプレー戦が、今年も北海道の恵庭CCで4回目の開催を迎える。前年覇者は、当時下部ツアーを主戦場にしていた時松隆光。実績をはるかに上回る先輩プロを次々と打ち破り、初出場ながら32人の頂点に上り詰めた。

<< 下に続く >>

開幕前日に行われたプロアマトーナメントを終えて、ディフェンディング大会に臨む23歳の表情は浮かない。「去年と比べたらショットが良くない。ここ数カ月は苦しいゴルフが続いているし、(連覇への)気持ちはないです」と、前向きな発言は少なかった。

前年大会は、これ以上ない流れの中でつかんだ栄冠だった。7月上旬の下部ツアー初優勝がシンデレラストーリーの始まり。この優勝で出場権をつかんだ3週間後の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」でレギュラーツアー初優勝を飾り、翌週のマッチプレー制覇へとつなげてみせた。

一方で、今週を前にした近況は対照的だ。5月末の「ミズノオープン」から4戦連続予選落ちで、2週間前の新規競技「ISPSハンダマッチプレー選手権」は一回戦敗退。大会連覇に向けて力強い言葉が出てこないのも、無理はない。

それだけに、思い入れ深い今大会を復調のきっかけにしたい気持ちも強い。あすの1回戦では、1カ月前に3季ぶりの優勝を飾った宮本勝昌と対戦する。「ここでも勝てないと、負の連鎖が続いてしまう。宮本さんに勝つことができれば、また自信になってネガティブな感じが変わると思う」。1年前から立場は大きく変わったとはいえ、今年も挑戦者として初日に臨む。(北海道恵庭市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ネスレマッチプレーレクサス杯




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!