ニュース

国内男子パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

矢野東、今年は自虐が鳴りを潜める?オフトレの効果に自信

2016/04/21 19:52


国内男子ツアー「パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ」は21日、千葉県の千葉カントリークラブ梅郷コースで開幕。風が強まり始めた午前11時40分にスタートした矢野東が4バーディ「67」とし、首位と2打差の4アンダー3位で発進した。

薄日も差す静かな午前中から一変。正午近くになって強い風がコースを舞い始める過酷なプレー条件でも、安定感は最後まで崩れなかった。「ティショットが比較的良くて、ほとんどフェアウェイだった」と、左右に木が迫る林間コースを攻略。後半組では唯一となる無傷のノーボギーに「すごく良かったんじゃないですかね」と胸を張った。

<< 下に続く >>

このオフには「いろいろなことを、山ほど変えた」という。「僕はやっぱりヘタクソだから。どうすれば上手くなれるのか、いつも考えながらやっている」。いつもの自虐を言葉に含みながらも、その先が違った。「プロゴルファーになって、オフに取り組んだものが、初めて合った気がします」。

取り組みについては「ゴルフは結果がすべて。良い感じだな、と思ったことが初めてスコアとイコールになったことが大事」と煙に巻いたが、今季の成績が多くを語っている。

2月のアジアシリーズ第2戦「レオパレス21ミャンマーオープン」では2位に入り、2010年「関西オープン」(2位)以来となるトップ3フィニッシュ。今週20日までの2日間行われた「日本プロゴルフ選手権」予選会では、7位に入り本戦の出場チケットを手にした。そして、この日の好発進。「ドライバーは良いと思うし、アプローチ、パットで苦労してきた部分も峠を越えたつもりでいる」。

昨季は賞金ランク64位でシード選手に返り咲き、復調への手応えをより深めたい今シーズン。「楽しみ?そうですね。ゴルフがもっと上手くなりたい。もっと良いスイングをしたい。それだけです」。08年から遠ざかるタイトルへの距離を、少しずつ縮めていく。(千葉県野田市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!