ニュース

国内男子レオパレス21ミャンマーオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 レオパレス21ミャンマーオープン
期間:02/04〜02/07 場所:ロイヤルミンガラドンG&CC(ミャンマー)

今月32歳、長男は1歳半 シード未獲得の福永安伸が裏街道から急浮上

ミャンマーのロイヤルミンガラドンゴルフ&カントリークラブで開催中の「レオパレス21ミャンマーオープン」3日目。ショーン・ノリス(南アフリカ)が通算23アンダーで単独首位を独走する中、ツアー未勝利の福永安伸(31)がインスタートから「66」をマークして通算12アンダーの12位タイに浮上した。

予選ラウンドを32位で通過。福永は“裏街道”でのティオフで序盤11番、12番と1.5mのバーディチャンスを逸した。続く13番で2mのパーパットも外してボギーが先行。「きのうまでに比べてアイアンショットが良くなったら、今度はパターが悪いのか…」と意気消沈しそうだった矢先の15番(パー3)で、5mを決めてバーディを取り返し、その後勢いづいた。

<< 下に続く >>

18番(パー5)からの3連続を含め、この日は7バーディ、1ボギー。昨年の「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」2日目にマークした「67」を更新するレギュラーツアーでの自己ベストを記録した。

2004年にツアーデビューしたが、シード獲得経験がない。主戦場は下部チャレンジトーナメント。現段階の出場資格は、昨年末のQT12位の資格。今大会に参戦できるかは直前まで不透明だった。ミャンマー大使館からビザが発給されたパスポートを郵送で受け取ったのは、出発2日前の前週金曜日。「どうなることかと思いました…」と、不安と安堵が日々入れ替わる立場が何年も続いている。

今月20日には32歳になる。1歳半の長男もいる。「ここまでは、うまく行っている。この(自身の)開幕で上位にしっかりいけたらいい。できたらトップ10に入って、それより上を目指したい」。東南アジアでの戦いを、キャリアを変えるきっかけにしたい。(ミャンマー・ヤンゴン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 レオパレス21ミャンマーオープン




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!