ニュース

国内男子ISPSハンダグローバルカップの最新ゴルフニュースをお届け

2位でも不機嫌ポールター ずぶぬれで居残り練習

山梨県のヴィンテージゴルフ倶楽部で開催されている国内男子ツアー「ISPSハンダグローバルカップ」2日目。招待選手のイアン・ポールター(イングランド)が単独首位の矢野東に3打差の2位タイで決勝ラウンドに進出した。

ホールアウト直後のポールターは怒っていた。「きょうの出来にはガッカリだ。特にドライバーショットがひどかった」。9番(パー5)ではグリーン右サイドからチップインイーグルを奪うなど「67」でまとめたが、この日フェアウェイキープに失敗した5ホールの出来が気に入らない。

最終18番(パー5)は1Wで右に曲げてバーディフィニッシュを逃し、「あしたは、きょうみたいなひどいショットを失くさないといけない」。鋭い語気でプレーを振り返ると、「これから練習をしに行く」と取材対応を切り上げた。その間、わずか1分あまり。

そのまま他の選手が誰もいないドライビングレンジへ直行した。キャディとチェックポイントを口にしながら約10分間、1Wショットを打ち続けた。持ち球のフェードボールがきれいな弾道で出た時には満足げな表情。大雨の中、ずぶぬれになってクラブハウスへ戻ると、ファンにサインをして宿舎への家路を急いだ。(山梨県北杜市/桂川洋一)

関連リンク

2015年 ISPSハンダグローバルカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~