ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

手嶋と深堀「お互いケツをたたき合いながら」

2015/06/04 20:09

長期視点でゴルフを改造中の深堀圭一郎。今季全5試合はすべて予選落ちだが、難コースでは自然と上位に顔を出した

茨城県にある宍戸ヒルズCCで開幕した国内男子メジャー「日本ツアー選手権森ビル杯」初日に4バーディ、2ボギーの「69」で回って首位と2打差の8位発進を決めた深堀圭一郎。先週の「~全英への道~ミズノオープン」で優勝を飾った手嶋多一とは同い年の46歳だ。

「先週の手嶋の優勝はやっぱり嬉しい。お互いケツをたたき合うというか、今日も『後ろで見ているよ』って言われてね」

中学生のジュニア時代から、切磋琢磨してきた仲間同士。この日は、深堀の1組後ろで手嶋が回った。手嶋は5オーバーと出遅れたが、深堀の好発進に「一つきっかけをつかめればすぐに上に行けると思う。それが今週みたいに大きな試合だったらいいね」と、エールを送った。

深堀は「去年、ギリギリ(第2シードに)引っ掛かったので、今年は今後のために、スイングもクラブも思い切り変えようとやっている。だから今はがまんのとき」。

右ひじの負担を軽減するために、シャフトを軟らかく、球も軟らかく、インパクトを強くしない方向での改造だという。「結果が出て、初めてやっていることが正解だと言えるから」。取り組みへの評価は、まだ保留中だ。

2003年の「日本オープン」を制するなど、難セッティングではベテランの技が生きてくる。「上出来です。最高のスタートでした」。爽やかな笑顔は健在だ。(茨城県笠間市/今岡涼太)


GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~