ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

賞金王へ半歩前進も――小田孔明「まだ遙か遠くに見える」

2014/12/05 17:33

東京よみうりCCで行われている今季国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の2日目を終え、賞金ランクトップの小田孔明は通算4アンダー4位タイ。以下逆転賞金王へ“優勝”が最低条件の3人は、岩田寛がイーブンパー15位タイ、藤田寛之は1オーバー18位タイ、近藤共弘は通算2オーバーの20位タイ。小田のペースでこの2日間は進んでいる。

だが、初日こそ「最高」のゴルフで飛び出した小田だったが、この日は一転、ボギーが先行する苦しいゴルフ。「ピンポジションも難しかった」とバーディは10番で2mを沈めたのがこの日唯一。15番(パー3)では3パットのボギーとするなど、終始重い足取りで18ホールを回ってきた。

「難しい――。賞金王への道は難しい――」。ひとりつぶやく小田にとっては、すべての不運が試練に思える。フェアウェイに行った球に泥が付いて、意図しないところに飛んだことも「3、4回あった」という。「まだ遠い。遙か遠くに見える」と、ゴールテープはまだかすんだままだ。

とはいえ、追いかける面々も四苦八苦中。「調子が良くなりそうな時に変なミスがでるので、全然良くならない」というのは、通算イーブンパーの岩田。

通算1オーバーの藤田は、「パットが(狙ったところに)うまく出ていかない」とホールアウト後は練習グリーンで調整を重ねた。

まだアンダーパーをマークしていない近藤は「ずっと我慢しているようなゴルフなので、(パットで)流れをつかみたい」ときっかけを求めている。

小田以外の3人は“優勝”が逆転賞金王への最低条件。明日のムービングデーには、それなりの“動き”が必要だ。(東京都稲城市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!