ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

小田孔明が原点回帰「今週からガンガン攻める」

2打差を追ってスタートした小田孔明が「ブリヂストンオープン」2日目に6バーディ、ノーボギー「65」(パー71)をマーク。通算10アンダーの単独首位に浮上し、5月「関西オープン」以来となる今季2勝目へ前進した。

「今週からガンガン攻めますよ」とは、初日6位でフィニッシュした後の小田の言葉だ。優勝への強い気概で臨んだ前週の「日本オープン」(16位タイ)を終えて、「先週はボギーを打たないように守り過ぎていたけど、気持ちの中で一区切りついた」。地元の知人から、守りの姿勢に対して叱咤を受けたこともある。バーディを量産していた、それまでの自分のゴルフ。本来の攻めへの意識が、再燃した。

「今週は攻めるところは攻めて、(バーディを)5つくらい獲りたい意識で回っている。結果が悪くても、それが自分のゴルフ。今週から最後までビッグトーナメントが続くし、守っていては仕方がない」

今週はドライバーを「多めに使っている」ことも、攻めの意識の表れだ。前週からシャフトの長さを46インチから45.75インチにカットし、感触も上々。開幕時点は45.25インチだったが、7月「全英オープン」を前に飛距離アップの目的で46インチに伸ばしていた。しかし「飛んだけどブレがひどくなった」と意識をリセット。ティショットの精度は蘇り、今週は好スコアの起点となっている。

加えて、「今日はパットが良く入ってくれた」と、初日より4打少ない24パットにもご満悦。前半5番で6m、10番で8m、さらに12番、15番といずれも5mのバーディパットをねじ込み、目標の5バーディを上回るチャージにつなげた。

賞金ランキングトップを走る藤田寛之とは、約910万円差の2位で追走中。初の賞金王を圏内にとらえてシーズン終盤を迎えているが、「賞金王うんぬんより、今は自分のゴルフをすること」。小田の中で、優先順位は明確だ。(千葉市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。