ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

23歳になった石川遼 成長を確認するため2つの課題

2014/09/17 18:29


国内男子ツアー「ANAオープン」に大会ホストプロとして2年ぶり6度目の出場を果たす石川遼が、大会前日の9月17日に23回目の誕生日を迎えた。ANAのキャビンアテンダントから花束を贈呈されると、「10代のころは嬉しさもあったけど、22歳から23歳になったいまは実感するものがありませんね(笑)」と照れ笑いを浮かべた。

23歳での目標は「米ツアーで優勝すること。来年の今日、今年の(フェデックスポイント)ランキング72位を1つでも上回れたら成長とも言えますが、もっと高い目標に向かってやっていきたい」と、さらなる飛躍を誓った。

「初めて出た08年や09年は戦略もなく、ただグリーンに近づけるようにドライバーショットをしていた。それが、11年、12年とコースのロケーションを考えて攻めることができるようになってきた」というのが直近の変化。

2年ぶりの輪厚挑戦となる今年、石川は1つの課題を掲げた。「5番のパー5ですね。以前はドライバーショットでドローしか打てなかったから、ティグラウンド右前方の木を避けると必ず左のラフに入れていた。でも、米ツアーで戦う中でしっかりとしたフェードも打てるようになって来たので、今年は1日でもいいから5番でイーグルを奪えるゴルフをする。それができなければ世界でも通用しない」。

そして、もう1つ。「誕生日の次の日に、良いスコアを出したことがないんです」。初挑戦の08年が「76」、もっとも良かったのは09年の「70」で、2アンダー以上は出したことがない。「明日はこれまでの経験を生かして良いスタートを切りたい」と、自身初の誕生日翌日の60台を目標とした。

今の自分にプレゼントとして欲しいものは?と質問が飛ぶと、「物欲はないですね。結果を残したいです」と応じた石川。笑顔で返した言葉の裏に、切実な思いが見え隠れした。(北海道北広島市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。