ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

池田勇太 痛恨のトリプルボギーでV逸

2014/09/07 21:08

山梨県の富士桜CCで開催された国内男子ツアー「フジサンケイクラシック」の最終日。単独首位からスタートした池田勇太は後半11番のトリプルボギーが響いて「73」(パー71)と2つ落とし、通算5アンダーの4位タイに沈んだ。

前半アウトを2バーディ、2ボギーと伸び悩み、岩田寛を1ストローク追う立場に変わってハーフターン。再逆転を狙って迎えたサンデーバックナインで、早々に優勝争いから脱落した。

<< 下に続く >>

11番のティショットを左のラフに曲げると、出すだけとなった2打目は下り傾斜を駆け落ちてフェアウェイ右サイドへ。残り45ヤードの3打目は前方の木がスタイミーになり、下を狙ったが20ヤード先のラフに捕まった。さらに4打目は避けるつもりの枝に当たりバンカーへ。最終的に5オン2パット、痛恨のトリプルボギーで自滅した。

「しょうがないんじゃないですか? 11番だけだけど、ああいう風になる原因がどこかにあると思うので」と淡々と振り返り、足早にコースを後にした。(山梨県富士河口湖町/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!