ニュース

国内男子コカ・コーラ東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

武藤俊憲、我慢を続けて2位タイをキープ

国内男子ツアー「コカ・コーラ東海クラシック」の予選ラウンドは、多くの選手がスコアメークに苦しみ、通算7オーバーが予選カットラインとなった。初日は風の影響があったという選手も多かったが、2日目はほとんど風もなく、グリーンの硬さこそが選手を苦しめた。

今大会の招待選手で欧州ツアー賞金ランキング10位のピーター・ユーライン(米国)も舌を巻くほどの高速グリーン。2日目を終えて3アンダーの2位タイにつける武藤俊憲は「今年の中では中日クラウンズの和合に次ぐ速さですね」と話す。

<< 下に続く >>

3アンダーでスタートした武藤は、1番から3番まで2オンに成功するがチャンスにはつけられずパー。4番でグリーン奥の深いラフから絶妙のアプローチを見せると、5番パー3はグリーン左手前のこれも深いラフから20ヤードをしっかりと寄せてパーセーブを続けた。

続く6番はティショットでフェアウェイのセンターをとらえると、2打目をピン奥20センチにぴたりとつけた。「やっときたよ!」思わず声を出した武藤の表情が、この日初めて緩んだ瞬間だった。

しかしスコアを伸ばしたい7番パー5では、右サイドのラフから5番ウッドで狙った2打目を奥のラフにこぼすミス。「やっちゃったよ、あれはまずいでしょう」と独り言をつぶやく武藤は、奥から下りで速いグリーンに対応できず、2パットでバーディは奪えなかった。なかなか波に乗らせてくれない。そんな展開に終始した。

その後も耐えるゴルフを続けて3アンダーの2位タイをキープした武藤は、クラブハウスに戻って「いじめでしょ。楽しくないし・・・」とつぶやいた。「硬いし、ピン位置も難しいし・・・」

それでも上位を守り抜いたことについては満足感も漂う。「まあ、決勝ラウンドに残ることができたし、ここは好きなコースのひとつだし。戦略性の高いコースでイメージも悪くない。自分に合っていると思い込んでやるだけですね」。

初日の好成績に繋がったドライバーショットも、まずまず安定感を維持。アイアンの距離感も良くなってきただけに、3日目も耐えるゴルフを続けることができれば、順位は1つ上がはずだ。(愛知県みよし市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 コカ・コーラ東海クラシック

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!