ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹、国内ツアー復帰戦 調子は…?

2013/09/04 18:00


国内男子ツアーの「フジサンケイクラシック」は5日(木)から4日間、山梨県の富士桜カントリー倶楽部で行われる。夏場に英国、米国、カナダで5連戦を戦い、来季の米ツアーシード権を手にした松山英樹は、7月上旬の「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」以来の日本ツアー復帰戦だ。

松山は米ツアーのレギュラーツアー最終戦「ウィンダム選手権」終了後、8月20日(火)に帰国。2週間のリフレッシュ期間は主に拠点の仙台で静養に努めてきた。そして今週、自身初出場(2009年はマンデートーナメントで予選落ち)となる会場では月曜日から練習ラウンドを開始し、調整を重ねてきた。

<< 下に続く >>

しかし開幕前日の4日(水)の表情は渋いもの。プロアマ戦に出場したが「昨日までは良かったけれど、今日は…。今、笑っているけれど、マズイなあと思っている。今の調子ではどれくらいで回れるか想像がつかない」と言う。ハイレベルな戦いが求められるロングコースでの戦い。「調子が悪くなければ、攻略できないわけではない。でも今から調整して、明日は良い状態で入れるように頑張りたい」と、練習場への道を急いだ。

とはいえ、トーナメント開幕前の不調が、“いい意味”であてにならないのも今季の松山。前日3日(火)には「プレジデンツカップ」の世界選抜メンバー入りが正式決定。世界を相手にする21歳が、日本一の頂のふもとで再スタートを切る。(山梨県富士河口湖町/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!