ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

2013年の国内男子ツアー日程発表 3試合が打ち切り、国内新規開催は1試合

2012/12/06 14:22

日本ゴルフツアー機構(JGTO)は6日(木)、2013年度の国内男子ツアーのトーナメントスケジュールを発表した。

国内で行われる試合は4月の「東建ホームメイトカップ」から12月の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」までの全23試合。加えて、3月に行われるワンアジアツアーとの共催試合「タイランドオープン」、「インドネシアPGA選手権」が賞金ランキング加算対象試合となった。新規大会として11月に茨城県の美浦ゴルフ倶楽部で「HEIWA・PGA DREAM CUP IN 霞ヶ浦」が開催される。

<< 下に続く >>

一方で昨季まで行われていた「とおとうみ浜松オープン」、「サン・クロレラクラシック」、「キヤノンオープン」が打ち切りとなった。

都内で行われた記者会見で海老沢勝二会長は「3月の会長就任時には、試合数増加やギャラリー数の増加を目指しましたが、現在の経済情勢などを考えると難しい問題が多い。国内で開催される試合は2試合減ってしまったが、JGTOとしては国内にこだわらず、アジアなど海外進出を今後も進めていきます」と話した。ワンアジアとの共催でタイ、インドネシアに続き、現在マレーシアでの試合開催も検討中。また、打ち切りと発表した3試合のうち、「サン・クロレラクラシック」に関しては、主催の北海道放送が他の冠スポンサーを検討しており、“復帰”する可能性もある。

ツアー側としては、アジアで開催される2試合の開催地は未定となっているが、ほぼ確定段階にあり、この2試合についてはワンアジアツアーとの共催のため日本ツアー側から60名程度出場となる見込み。また、今回発表には至らなかった日韓対抗の「ミリオンヤードカップ」や欧州選抜とアジア選抜の対抗戦「ザ・ロイヤルトロフィ」に関しては年内に決定する予定。さらに、各大会の賞金総額については、13年2月初旬までに発表することになった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!