ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

初勝利、最終戦出場を懸けて上井邦浩、宮里優作が好発進

国内男子ツアー第24戦「カシオワールドオープン」が22日(木)、高知県のKochi黒潮カントリークラブで開幕。S.K.ホハン・ジュンゴンの韓国勢が7アンダーの首位タイでスタートする中、ツアー初勝利が待たれる上井邦浩が2打差の3位タイで滑り出した。

今季は3度のトップ10入りがある上井の賞金ランキングは現在35位(海外メジャーを含む順位、国内ツアーのみの順位も同様)。次週の最終戦「日本シリーズJTカップ」に2年ぶりの出場を果たすためには、今大会終了後に国内ランキングで25位以内に入る必要がある。すると、強い意欲を持って臨んだこの初日、いきなり5バーディ、ノーボギーの「67」をマーク。待望の初勝利へ向けても大きな一歩を踏み出した。

「今日はパターが良かった。長くて難しいところを2パットで切り抜けられたのが大きい」と少ないチャンスを確実にしたノーボギーラウンドを振り返る上井。今大会直前には“同門”の藤田寛之にパッティングでアドバイスを請い、ストロークを修正してきた。手応えを実戦で確かなものにして「最後まで優勝争いをしたい」と力強く話した。

また、昨年は高山忠洋と最後まで優勝争いを演じながらも2位に終わった宮里優作は、4アンダーの7位タイと上々の発進。出だしの10番(パー5)から3オン1パットのバーディ発進を決めると、その後さらに3バーディを重ね、ノーボギーの「68」でまとめた。

昨年もこのトーナメントで最終戦行きの切符をつかんだこともあり「いつもこういう位置なんですよね」と国内賞金ランキング30位という現況について苦笑い。それでも「やりたいことだけは、しっかりやりたい。一生懸命やって出られたらラッキーです。ティショットが曲がっていたので、ルーティンを確認したい」と視線を明日へ向けた。(高知県芸西村/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。